※Twitter連携(@yusukekamon)をつけて下さい。

2011年03月08日

聴け!音楽人間!!A


最近ありきたりのラブソングばかりで飽き飽きしている現代人諸君!!
この「MUSICMAN」は人間愛にあふれておりますが、男女間の甘〜いラブソングは取り揃えておりません・・・
そう、この「ベガ」を除いては。

しかしながら、現代の恋愛にしてしまうと妙にリアルだったり、濃厚すぎて胃もたれしてしまうところを、七夕の「ベガ(織り姫)」と「アルタイル(彦星)」に置き換えたさっぱりした味わいがまたいい。(アルタイルは出てこないか・・・)

Steely Dan、Boz Scaggsらを代表とする往年のお洒落サウンドを思わせる桑田流AOR。Ray Parker Jr.っぽいのかな?
AORって、都会的で洗練されているのになぜか懐かしさがあるんだよね。そしてアナログの時代にあんな音がよく出せたものだと思う。

新しい楽器群で古き良き音、時代を演出。
エレクトリックピアノ、70年代後半から80年代前半のようなモノフォニックシンセサイザー風の音色。AORの王道からすると、ギターは「チャラララ」とストローク!?と思いきや、ストロークだとわざとらしく速く軽く感じてしまうところを、ミュートのバッキングにしてゆったりと心地いいテンポ感が出ている。
ここらが「お洒落に見せないお洒落」、照れ屋の桑田佳祐の人間味なのだろうか?それともマコっちゃんのお仕事?

そのマコっちゃん、要所でガットギターの隠し味に入れ、間奏はディレイをビンビンに深くかけたくなるところ、逆にサスティンを抑え気味にしているところがカッコいい。
ベース音が強いけど、生ドラム、エレキベースは入ってないんだね。
代わりに敦夫さんも書いていたような細かい音が入っているのは、イヤホン、ヘッドホン聴きでわかりますよ。ベースラインを含め、音選びが最高。
そして、桑田さんのイメージをピタリと音にしてしまう、ファミリーはすばらしい。

こういう曲調は女性は大好きでしょ?お若い方はピンと来ないのかな?

私が10代から20代前半だったらたぶんハマらなかっただろう。というか、ともすれば避けてしまった曲かもしれない。
その頃は80'sの時代、いろんな曲調があふれかえっていた贅沢な時代だったが、トレンディでナンパに見えるようなお洒落な曲はあまり聴かなかったのだ。
Adult Oriented Rock(アダルト・オリエンテッド・ロック)の名のとおり、大人になってからわかるというか、30歳を越えてからクオリティの高さやメロディの良さがわかるというか。ジャケ買いしたものをCDで買いなおしハマっている。ま、今考えれば、歳相応なのだろうけど・・・
別に音の向こうに素足でモカシン、白いジャケットの石田純一がいそうだからじゃないよ(笑)

ピンと来なかった方は長く深く聴いてみて下さい。
かの大原麗子さんも言っていたように、『少し愛して 長ーく愛して』
ベガ
桑田佳祐:Vo,Cho
斎藤誠:G
片山敦夫:Key Bass Programing
角谷仁宣:Computer Programing


posted by 嘉門祐助 at 18:48| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祐助さん、こんばんは。

「MUSIC MAN」を聞くと「Keisuke Kuwata」と被るところが多い。

80年代っぽいサウンドが多いからだ。

たぶん桑田さんは初心に戻ってレコーディングしたのでは?
Posted by スーパーももちゃん at 2011年03月08日 19:20
同感です。凄くわかります。
今朝、「KEISUKE KUWATA」を車で聴きました。
あの頃の音に比べると「MUSICMAN」の音は凄くリアルというか、音が立ってる感じがします。
Posted by johnmac at 2011年03月08日 22:53
祐助さん、おはようございます!
この『MUSICMAN』が一位になった時、凄く重みがある一位だなぁと思いました。何故かと言うと、『TSUNAMI』からファンになった若い人達には分かりにくい内容だったと思うから。同じ一位でも、AKB48とは差が違い過ぎてますよね(笑)。このアルバムは『殿堂入り』してもおかしくないと思う。
Posted by 松浦よやや at 2011年03月09日 08:27
こんにちは♪

「ベガ」甘いメロディーのラヴソングで好きです♪
でも、この曲は桑田さん曰く「悲恋ソング」みたいで・・・
艶かしい歌詞と、途中 曲調と歌い方が変わるところが、甘いだけでなくて桑田さんらしい曲に仕上がってるのでしょうか。。

そして、「ベガ」の歌詞を書いたのが七夕というのも凄い偶然ですよね!
でも、昨年の七夕は雨でしたから・・・
天の川は現れなくて、ベガは悲しみの涙を流したのかもしれません。。
今年の七夕は「雨よ降らずに叶えてMoonlight」に願いを込めて…☆
Posted by れいか at 2011年03月09日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイトの宣伝が増えている為、コメントは承認制にしております。反映されるまで少々お待ち下さい。


エロコメント通報  迷惑コメント通報 


      ※誹謗中傷や関連なきコメント、トラックバックは削除致します。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。