※Twitter連携(@yusukekamon)をつけて下さい。

2011年03月21日

やさしすぎる夜遊びで・・・


拓郎さんのギターってコレの事だろうか?

『今日は、かなり手前ミソです・・・』

桑田佳祐と吉田拓郎との隠された過去。今日までそして明日から(2011年3月20日Techinsight Japan配信)
ガン闘病から復帰した歌手の桑田佳祐が3月19日放送のラジオ番組で、敬愛する先輩ミュージシャン吉田拓郎との感動エピソードを語った。
3月19日のラジオ「桑田佳祐のやさしい夜遊び」は前日18日の収録と断りながら、桑田佳祐ならではの選曲で進行された。
実はこの放送に先立って『ネタ掲示板』でリスナーから『ビートルズを聴こう』としてリクエストを集めていたのだ。しかし、震災後からその内容が「桑田佳祐の歌を聞きたい」というものが多く、どういうものになるかと期待された。
しかし、フタを開けるとまったく予想を裏切り桑田佳祐テイストの選曲となったのだ。それはナット・キング・コールやビーチ・ボーイズ、カーペンターズ、バート・バカラック、そしてフーテンの寅さん、都はるみにザ・ピーナッツ。1曲だけビートルズの「We Can Work It Out (恋を抱きしめよう)」が「一番おとどけしたい」として紹介された。
そんな中で桑田佳祐の貴重なエピソードが紹介された。彼はフォークソングのプリンスといわれた吉田拓郎に多大な影響を受けており、サザンオールスターズの楽曲にも「吉田拓郎の唄」があるほどだ。
25年ほど前のことだ。吉田拓郎宅へ招かれた桑田佳祐は、あろうことか貴重な『ビートルズのピクチャーレコード』を無断で持ち帰ったのだ。桑田は「それはいけません! 例え私と拓郎さんのことといえども」としながらその事実を明かした。だが、後悔した彼はエレキギターの名品フェンダーテレキャスターの『ジョージハリスンモデル』とともに、そのピクチャーレコードを吉田拓郎に返して過去の罪を詫びた。
吉田拓郎はそのギターをCDのジャケット写真にも使ってくれたという。

しかしレコードについては「君とのいい思い出にしよう」と送り返してきたというのだ。この日紹介された楽曲の1曲は吉田拓郎の「今日までそして明日から」だった。
日本のフォーク時代を代表する吉田拓郎と現在のロック、J-POP界を代表する桑田佳祐のつながりに音楽の歴史を感じたエピソードだった。
この日、桑田佳祐はサザンオールスターズの『希望の轍』をギター弾き語りで披露すると、最後に「日本の国民のみなさんは素敵で優しい人たちだと思う。この国に生まれて良かったなと思います」と今この時こそみんなの力を信じると伝えた。
おあずけ状態の「ビートルズリクエスト特集」は次回に向けてまたリクエストを募集したが、今の状態ではやはり桑田佳祐の楽曲にリクエストが寄せられそうだ。果たしてどう対応するのだろうか?
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

先週の「夜遊び」は心を落ち着けるそしてやさしいメッセージを送る内容でした。
その中で、佳ちゃんの言いたかった事・選曲と、私のつぶやきがダブってちょっとうれしかった事が・・・
“Life is very short, and there's no time
For fussing and fighting, my friend.”
『人生は短いんだ。喧嘩してる暇なんかないんだ。』

奇しくも「夜遊び」の前日(3/18)、mixiの某コミュを辞めた後のツイート「We Can Work It Out(恋を抱きしめよう)」を引用したツイートだった。
『些細な事でケンカしているmixiコミュをやめました There's no time for fussing and fighting, my friend.』

かなりニュアンス、スケールが違うけどね(笑)
We Can Work It Out(The Beatles)

Try to see it my way,
Do I have to keep on talking till I can't go on?
While you see it your way,
Run the risk of knowing that our love may soon be gone.

We can work it out,
We can work it out.

Think of what you're saying.
You can get it wrong and still you think that it's all right.
Think of what I'm saying,
We can work it out and get it straight, or say good night.

We can work it out,
We can work it out.

Life is very short, and there's no time
For fussing and fighting, my friend.
I have always thought that it's a crime,
So I will ask you once again.

Try to see it my way,
Only time will tell if I am right or I am wrong.
While you see it your way
There's a chance that we might fall apart before too long.

We can work it out,
We can work it out.

Life is very short, and there's no time
For fussing and fighting, my friend.
I have always thought that it's a crime,
So I will ask you once again.

Try to see it my way,
Only time will tell if I am right or I am wrong.
While you see it your way
There's a chance that we might fall apart before too long.

We can work it out,
We can work it out.

色々な人がいて、色々な考えがあって、すべて「OK」「YES」って事じゃないけど、ベクトルは一緒!

今週の「夜遊び」は、元気の出る企画。サザン・ソロのリクエスト大会に変更です。
きっと力強いやさしいメッセージがたくさん寄せられることでしょう。
「頑張れ!」じゃなく「頑張ろう!」ってね。


posted by 嘉門祐助 at 10:51| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
祐助さん、こんばんは。

1月以降、試験と日曜日勤務で早起きしなければいけないので、夜遊びなかなか聴けないんです。

この話は「寅さん」でもおっしゃっていましたね。
Posted by スーパーももちゃん at 2011年03月21日 18:59
こんにちは♪

今日は、あの大震災の日から2週間です。
この1週間は19日の放送の録音を何度も聴きました。
桑田さんの選曲、メッセージ、吉田拓郎さんとのエピソード、生唄…
そして、あの日の放送では「海連れてって〜」のフレーズが無かった事も含めて
今回の日記のタイトル通り、正に「やさしすぎる夜遊び」でしたね!

タイトルの大切さも前回の記事で痛感しました。
そして「TSUNAMI」のタイトルの由来をありがとうございました。
津波の事を歌った歌ではないということはファンなら百も承知の事。
でも、しばらくは封印されることでしょう…。
一日も早くの復興と共に、封印が解けるのも祈っています…☆

19日の「やさしすぎる夜遊び」は被災地では放送されなかった所もあったみたいで…
今週末は全国的に放送される事を願ってます。
Posted by れいか at 2011年03月25日 16:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイトの宣伝が増えている為、コメントは承認制にしております。反映されるまで少々お待ち下さい。


エロコメント通報  迷惑コメント通報 


      ※誹謗中傷や関連なきコメント、トラックバックは削除致します。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。