2011年02月26日

誕生日の夜

名称未設定-1.jpg
「桑田さん誕生日おめでとうございます。」


これからも熱くやさしいMUSICMANでいてください。

そして告知!!
●桑田佳祐ラジオ特番決定!
★2月26日(土)23:00〜24:55 TOKYO FM系全国38局ネット
祝! 生誕55周年&「MUSICMAN」リリース記念特番
〜桑田佳祐のめでたい夜遊び〜
マコっちゃんも出演決定!!
いつもより55分延長してGO! GO! バースデースペシャル!

ちなみにスポンサーは三井住友フィナンシャルグループです。


posted by 嘉門祐助 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

Thank you MUSICMAN


「吹っ飛んだ!」

わざわざ半休を取って聴いてしまいました。
聴きながらTwitterやmixiボイスにつぶやきましたが、詳しいレビューは追々書きます。

んー、すごい!久々に「夜遊び」に投稿しました。
1. 現代人諸君!!
2. ベガ
3. いいひと ~Do you wanna be loved ?~
4. SO WHAT ?
5. 古の風吹く杜
6. 恋の大泥棒
7. 銀河の星屑
8. グッバイ・ワルツ
9. 君にサヨナラを
10. OSAKA LADY BLUES ~大阪レディ・ブルース~
11. EARLY IN THE MORNING ~旅立ちの朝~
12. 傷だらけの天使
13. 本当は怖い愛とロマンス
14. それ行けベイビー!!
15. 狂った女
16. 悲しみよこんにちは
17. 月光の聖者達

こっちも聴いとく?

みなさんコメントありがとね!
感謝を込めて、左側のバーに「愛の讃歌」貼っちゃいました。
posted by 嘉門祐助 at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

MUSICMANを待ちながら・・・


おとといの裏りすにんぐ・ぱ〜ち〜でリクエストがあったので貼っておきます。

ひとりぼっちの狭いベッドで
夜毎 涙に濡れたのは
ビルの屋上の舞台(ステージ)で
巨大な(おおきな)陽が燃え尽きるのを見た・・・


Part1
part2
part3

今はこうして大人同士に
なって失くした夢もある・・・


苦悩のレコーディングセッションを終え修復不可能と確認しあった4人。
開き直ったからなのか、終焉を悟り純粋に音楽を楽しんでいるからなのか、実に楽しそうで、皮肉にもバンドの輝ける将来、新たな展開があるように見えてしまう。

現在(いま)がどんなにやるせなくても
明日は今日より素晴らしい…



posted by 嘉門祐助 at 00:08| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

裏も熱かった!


「祝!茅ヶ崎凱旋!!」


風邪も全快! 桑田佳祐、10年ぶり地元・茅ヶ崎で復活熱唱 「生きて故郷の土を踏めた」(2月20日配信 オリコン) 
サザンオールスターズの桑田佳祐が19日、神奈川・茅ヶ崎市民文化会館で行われた、最新アルバム『MUSICMAN』(23日発売)先行試聴会最終日にサプライズで登場した。1日に行われた視聴会初日の福岡・Zepp Fukuokaでの出演以降、風邪のために約2週間休養していた桑田だが、体調も回復し「本当は怖い愛とロマンス」など全4曲を熱唱。2000年8月に開催したサザンの「茅ヶ崎ライブ」以来、昨年の食道がん手術・療養を経て約10年ぶりとなる地元での歌唱に「生きた形で故郷・茅ヶ崎の土を踏むことができた」と桑田節を炸裂させ、復活をアピールした。
桑田が地元・茅ヶ崎に帰ってきた! 福岡では約7ヶ月ぶりにファンの目の前で“生”の元気な姿をみせたものの、その後に風邪でダウンし、体調を心配する声があがっていた。そんな心配を払拭するかのように桑田は土下座しつつ感謝を述べ、「ただいまでございます!」とファンの声援を一身に浴びた。
全国7ヶ所で6000人を動員した同試聴会のラストは、神輿が飛び出すなど、まさに桑田の“復活祭”と化した。16倍を超える競争率を突破した約1500人のファンが全17曲を聴き終えると、マネージャーから「偶然この辺りを通りかかった、茅ヶ崎が生んだ“あそこ”が若大将」とサプライズコール。「明日晴れるかな」のイントロとともに桑田が登場すると、会場のボルテージは最高潮に達した。
同会館でのパフォーマンスは、1981年7月4日にサザンのツアー『そちらにおうかがいしてよろしいですか?』で訪れて以来、約30年ぶり。「クワタ」コールや拍手が飛び交い、桑田は「こんなに手厚くやられたら来ますよ、茅ヶ崎」と照れ笑いし、ソロ1stシングル「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」や地元・茅ヶ崎のことを歌った「MY LITTLE HOMETOWN」などを披露した。
鳴り止まぬ声援に桑田は「みなさんに背中を押してもらってます。ゆっくりやりなさいよと言われてて、ゆっくりやろうと思いつつも早くステージで、ね。気持ちはライブに向けて前向きです。また帰ってくるよ〜。行ってきま〜す!」とツアーでの再会を約束した。
サプライズはこの日の出演&歌唱だけには留まらない。25日放送の音楽番組『MUSIC STATION』(テレビ朝日系 後8時〜)で、昨年大みそかのNHK紅白歌合戦以来となる生番組出演を果たすことを発表。アルバム『MUSICMAN』から「銀河の星屑」と「月光の聖者達」をメドレーでテレビ初披露する。さらに、翌26日にはNHKで『復活!桑田佳祐ドキュメント〜55歳の夜明け』(後8時〜)の放送も決定。食道がんを克服した桑田が音楽活動を再開させ、ファンに元気な姿を見せるまでの様子が映し出される。

「MUSICMANリスニングパーティー in 茅ヶ崎」実はその裏で、もうひとつのプロジェクトが動いていたのをご存知だろうか?
それは・・・

フッチーさん主催の「裏りすにんぐ・ぱ〜ち〜」

参加してきました!!
自分にとっては初めて会う方ばかりでしたが、参加者約20名、店員さんも含めておおいに盛り上がりました。
途中はdokuさんのウクレレ演奏でサザン専門歌声喫茶状態に(笑)
みなさんおつかれさまでした、ありがとね!
今度はMC勉強してきます(笑)
またどこかで会ったら声かけて下さね。シッポを振ってついていきますので(笑)
そして、仕切り、パンフレット、チケット作成と、フッチーさんのお気遣い、心意気にリスペクトです。
やっぱりサザンファンは熱い!!

さて、「MUSICMAN」発売まで冬眠しますか・・・
posted by 嘉門祐助 at 13:29| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

時期尚早

不屈のMUSICMAN
「ムリしちゃいましたね・・・」

桑田佳祐ダウン!風邪で約2週間の休養(2月6日 スポニチアネックス配信)
サザンオールスターズの桑田佳祐(54)が風邪のため約2週間の休養を取ることになった。5日に札幌市内で行われたソロアルバム「MUSICMAN」(23日発売)の先行試聴会にサプライズ出演する計画だったが、急きょ取りやめた。
桑田は1日に福岡市内で行われた試聴会にサプライズで登場。食道がんの闘病から復帰後初、約7カ月ぶりにファンの前に姿を見せた。「本当は怖い愛とロマンス」など3曲を歌唱し、トークを含めた約30分間のステージを元気にこなした。
だが、福岡入りした時点から風邪をひいており、無理を押して出演したため悪化。東京へ戻った後に約2週間の休養が必要と診断され、試聴会出演にドクターストップがかかった。
全国7都市で開催する試聴会に桑田が出演するとの発表はされていない。ただ、福岡で出演したため、ほかの会場での出演を期待するファンも多く、札幌の会場では「まだ(食道がんの)術後半年ということもあり大事をとらせていただきました」などとする桑田のコメントが書かれた文書を配布した。
ここのところの雑誌の取材といい、テレビの収録といい、働きすぎ(働かせすぎ)だとずっと心配してました。
佳ちゃんは、人を楽しませる事に妥協はしないエンターテイナー、気配りの達人だから、絶対に負担がかかるなと。
しかも、凍えるような先週の寒さ、外と中の気温差、今週に入っての気温の変化、空気の乾燥。普通の人間だって厳しいのに・・・

アルバム聴けるだけで満足。
今は過度な期待はしません。
力抜いて、ゆっくり体調戻して欲しいです。

あまりグダグダ言いたくありませんが・・・
アミューズは佳ちゃんにこれ以上ムリさせるな!!(怒)
posted by 嘉門祐助 at 11:37| Comment(3) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

ROCKIN'ON JAPAN 3月号

IMG_3920.jpg
「買って北島三郎!?」


シビヤヨウイチです。
本日発売「ROCKIN'ON JAPAN 3月号」
関係ないけど、ロッキング・オンってアミューズと同じビルの中にあるんだね。
posted by 嘉門祐助 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

日本のMUSICMAN


日の丸弁当?

「待ちきれないが、待ちます」
超豪華!桑田、密着ドキュメントDVD(1月18日 サンケイスポーツ配信)
初期の食道がん手術から完全復活したサザンオールスターズの桑田佳祐(54)が、2月23日発売のソロアルバム「MUSICMAN」で豪華な“快気祝い”を用意していることが17日、分かった。初回生産限定盤の特典となる104ページの“桑田本”に、レコーディングのドキュメンタリー映像が収録されたDVDで、ともにソロでは初の試み。DVDにはサザンも含めデビュー以来初めて、ミュージックビデオ(MV)も収められる。
想定外の休養期間を挟み、精魂込めて完成させたアルバム。特典にもまた、桑田の熱い気持ちが込められた。
「“MUSICMAN”Perfect BOX」と銘打たれた初回生産限定盤(4286円)。CDとともに封入されるのは、104ページに及ぶブックレット「MUSICMAN,S NOTE」と、収録時間1時間以上のスペシャルDVDだ。
「−NOTE」には桑田の最新インタビューを掲載。取材は昨年末に行われており、今作にかける思いや、タイトルの意味などについて語っている。さらには、本人が収録全17曲を解説する「セルフライナーノーツ」とレコーディング秘話も収められており、単独で発売しても申し分ない“桑田本”となっている。
一方、DVDには6曲のMVと、アルバム制作現場に密着したドキュメント映像を収録。ドキュメントは昨年1月のレコーディング開始からカメラを回しており、私服でスタジオに到着した際の桑田の素顔など、お宝シーンも満載だ。現在、編集作業が急ピッチで進められている。
本、DVDとも特典となるのはソロでは初。MVの収録にいたっては、サザンでも実現していなかった。関係者は「遊びの要素を入れるというより、今回はキッチリと作品を理解できる特典にしたかった」と説明。豪華特典はまさに、闘病生活を支えてくれたファンへの“快気祝い”だ。
また、特典と同時にジャケット、収録曲も明らかになった。NHK紅白歌合戦で歌った「それ行けベイビー!!」「本当は怖い愛とロマンス」や、フジテレビ系「CONTROL〜犯罪心理捜査〜」の主題歌「銀河の星屑」など。
ジャケット写真では、日本庭園の枯れ山水をスタジオに再現し、その中央に赤のペイントを施した全裸女性がうずくまっている。枯れ山水は「小宇宙」の意味を持っており、意味深なメッセージが発信されているようだ。
全17曲、約70分のCDに豪華特典が加えられた大作。桑田は元日の生放送ラジオで「長いけど、すぐに(聴き)終わるいいアルバム。早く聴いてほしいな」と強調していた。それだけに、ファンは待ちきれない。

詳細はこちら

- 収録曲 -
01. 現代人諸君(イマジン オール ザ ピープル)!!
02. ベガ
03. いいひと 〜Do you wanna be loved ?〜
04. SO WHAT ?
05. 古の風吹く杜
06. 恋の大泥棒
07. 銀河の星屑 
フジテレビ系火曜9時ドラマ「CONTROL〜犯罪心理捜査〜」主題歌
08. グッバイ・ワルツ
09. 君にサヨナラを 
大塚製薬「ウル・オス」キャンペーンソング
10. OSAKA LADY BLUES 〜大阪レディ・ブルース〜
11. EARLY IN THE MORNING 〜旅立ちの朝〜
フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング
12. 傷だらけの天使
13. 本当は怖い愛とロマンス
14. それ行けベイビー!!
15. 狂った女
16. 悲しみよこんにちは
17. 月光の聖者達(ミスター・ムーンライト) 
三井住友フィナンシャルグループ CMソング

「完全復活」とか書いてるけど、まだまだ完全じゃないから・・・
ホント最近のマスコミは・・・

『適当に手を抜いて行こうな ボチボチ好きなようにやんな・・・』
佳ちゃんがんばらなくていいから、音楽を楽しんで・・・
ラベル:MUSICMAN 桑田佳祐
posted by 嘉門祐助 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(1) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

商う人だらけ!?


元々紅白出演に否定的だった俺。
「まさか」と思っていた紅白歌合戦出演が現実になって驚いたのに、最近の露出リストを見てさらに驚いた。
◆雑誌
1/29(土) 発売「ROCKIN'ON JAPAN 3月号」
        表紙巻頭インタビュー
2/15(火) 発売「BRUTUS 緊急特集 桑田佳祐」
        桑田佳祐の詞を読み解き、膝詰めて話をし、歴史を辿り、答えを探し、望みを聞く。
2/19(土) 発売「SWITCH 3月号 特集:桑田佳祐!」
        復活のステージとなった紅白の舞台裏に密着した独占ドキュメントと、
        そしてニューアルバムまでを語り下ろしたロングインタビュー!
2/23(水) 発売「別冊カドカワ 総力特集 桑田佳祐」
        2011年、新生桑田佳祐 始動!
        9年ぶりの200ページ超総力特集!
◆テレビ
・SPACE SHOWER TV
「桑田佳祐MUSIC VIDEO SPECIAL」
初回放送:2/17(木)18:00〜19:00
リピート放送:2/18(金)11:00〜12:00、2月19日(土)20:00〜21:00
「V.I.P. -桑田佳祐-」
初回放送:2/19(土) 21:00〜22:00
リピート放送:2/25(金)21:00〜22:00 他
・MUSIC ON! TV
「総力企画 桑田佳祐「MUSICMAN」」
初回放送:2/23(水)20:00-21:00
リピート放送:2/27(日)22:00-23:00
・ミュージックビデオ専門チャンネル/VMC
2月度最重要アーティスト「HEADLINER」に決定!
VMCの各番組内で桑田佳祐のミュージックビデオが大量オンエア。是非チェックしてください!!
VMC SPECIAL / 桑田佳祐
ミュージックビデオ専門チャンネル/VMCで「桑田佳祐」の1時間半に渡るミュージックビデオ特集!!
放送日時:2/27(日)19:00〜20:30
佳ちゃんのメディア露出が増える事はうれしいが、いささか心配である。最近の寒さもあるし・・・今はまだゆっくり休ませてあげたいのが俺の本音。
PVの特集等自ら出演がないものならまだしも、雑誌のインタビュー、何やらPVまで録っているようだし。

低迷する音楽業界、主題歌を担当するドラマも始まり、ニューアルバム発売が近づきプロモーションは大変だろう。しかしながら、アミューズ、ビクターは暴走気味だと思う。
この調子だとプレミアム・リスニングパーティーでシークレットライブとかやらせそうな雰囲気!?
視聴率の欲しいテレビ局は飛びつくし、テレビの番組にひとつ出れば、他の局にも出なきゃいけなくなるし、サービス精神旺盛な佳ちゃんのことだから、余計に体力、精神力をすりへらしてしまうのでは?

敢えて心を鬼にして苦言を呈す・・・

まったくアミューズは何を考えているのだろうか?
ぽっと出の新人タレントじゃないんだから、無理させるのやめませんか?

大切なのはプロモーションや売り上げよりも身体。
完全復帰は体調に自信が持てるようになってからでいい。

プロモーションの代わりなら、佳ちゃん自身が大好きな「夜遊び(桑田佳祐のやさしい夜遊び)」くらいでいいんじゃないか?週に一度、録音で。
規則正しい生活を送って、ゆるりとリハビリしながら体調を回復させて欲しい。

ま、個人的な意見ですけど・・・
posted by 嘉門祐助 at 13:33| Comment(1) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

ぼちぼちやろうぜ MUSICMAN


iPhoneの壁紙も「桑」バージョンにしました


昨日は佳ちゃん昨年7月31日以来の「夜遊び(桑田佳祐のやさしい夜遊び)」でした。
23時ちょうど、今までと変わりない口調にホッとしました。
ニューアルバム「MUSICMAN」の紹介、紅白の話、現在の体調の話などありましたが、今の感じだとライブはまだしばらくムリでしょうね。

我々もライブ欠乏症で、早く見たいのはやまやまですが、「早くライブやりたいな」と言ってた通り、佳ちゃん本人が一番歯がゆいと思います。
ステージ狭しと動き、20曲以上を歌い、神経を擦り減らす、ライブはある意味戦場。指揮者の小澤征爾さんも本格復帰まで約一年かかったのだし。

これから、事務所、レコード会社の戦略、アルバムリリースに向けてプロモーション上忙しくなるのだろうけど、一回TVに出てしまうと他のテレビ局、番組に出なくてはならなくなってしまうのが心配です。
勝手な言い方すると、俺が見たいのはテレビ番組のわずかな出番で見る桑田佳祐ではない。ライブで見たい聴きたい。
無理せず「夜遊び」でリハビリしながら、ゆっくり体調を整えてほしいです。(しばらくは録音でもいいんじゃないか?)

『適当に手を抜いて行こうな ボチボチ好きなようにやんな・・・』
根っからのMUSICMANだから音楽に関しては手は抜けないだろうけど、肩の力は抜いてゆるりと好きな音楽をやってくれれば・・・
そんなわけで、2月にリリースされるアルバムをじっくり聴き込んでライブを待ちたいと思ってます。

っあ、さっきようやく三井住友フィナンシャルグループのCM見ました。

posted by 嘉門祐助 at 13:13| Comment(1) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

2011.1.1


「あけましておめでとうございます。」

【紅白】桑田復活!2曲を披露 「アルバムもヨロシク」(12月31日配信 産経新聞)

午後11時。ついに、桑田佳祐が登場した。食道がんの治療のために7月下旬に休養に入ってから、5カ月ぶりの復活だ。
中継での出演で、場所は「30年以上、音楽を生み出し続けてきた都内のスタジオ」と紹介された。
ホールから「復活おめでとうございます!」と声をかけられると、桑田は「ありがとうございます」。「ファンにメッセージを」と求められると、「全国放送なんですか、これ」とボケをかました。
「大変ご心配をおかけしましたけれど、皆さんからの大変なご声援のおかげで、素晴らしい年になりました。私ごときのためにこういう場を用意していただいて本当にありがとうございます」
殊勝な言葉が続いたが、「アルバムも完成したので、そちらの方もヨロシクお願いします」と売り込みを忘れなかった。
披露した曲は、「それ行けベイビー!!」「本当は怖い愛とロマンス」の2曲。前半は赤い照明で桑田の歌をじっくりと聴かせ、後半は金色の扇子(せんす)を振り回しながら歌うパフォーマンス。“桑田らしさ”を硬軟織り交ぜて発揮し、完全復活を印象づけた。
最後は、「申し訳ありませんでした」と締めくくり、次の曲を紹介して画面から消えた。

茅ヶ崎駅じゃないけど、「おかえりなさい桑田佳祐」ですね。

昨日は泣く準備をしてたのですが(笑)意外とドライにというか、TVに映る佳ちゃんが、ブランクの割りに違和感なかったのですんなり見れました。(ホントの話、いきものがかりの辺りはヤバかったよ。)

ま、サザンも長期休養とかあるからその辺は慣れているのかはわかりませんが・・・え?AKB48のおかげかもしれない?(爆)
AKBがかわいいと思う時点で、重々おじさん化を自覚してますのでご安心を(笑)
そんなおじさん、今この時点で顔も洗ってません。そろそろ顔洗ってきます!

てなわけで、今年もよろしくお願いしますよー♪
posted by 嘉門祐助 at 11:10| Comment(1) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。