2010年03月08日

それがうそだとて ●●はチョイトだめなんて言わねえさ!?

飛三、都心に現る!?
Space Shower TV「01MESSAGE」(1997)より

昨日は、ちょっと愚痴というか、あまり明るくない話になりましたが、今日は明るい話題を。

佳ちゃんの話によると、あの下北沢のカリビアンネプチューンこと下北蝉飛三先生、サザンの永遠の準メンバー(笑)野沢“毛ガニ”秀行さんがおじいさんになったらしい。(外見じゃないよ!念のため・・・)

ケガちゃんは、事あるごとに『バンドの平均年齢を上げている』と、ライブのMCでからかわれていたが、もうそういう年代なんだなぁとしみじみ。そういう佳ちゃんの息子さんも20代半ばだよなぁ・・・

ケガちゃんというと腰痛とウソつきで有名(笑)
「アマゾンの奥地に体長1メートル以上に巨大ゼミがいる・・・」とか「ディープパープルの武道館公演のとき、あまりに音がデカいので、アンプの音圧に吹き飛ばされたハエが、今でも武道館の壁にめり込んでいる・・・」などなど、数々のウソ逸話を持っている。

今回父上になられたのがご長男だとすると、あの“天吉野球選手事件”のときのご子息かな?
この事件、サザンのメンバーが家族を交えて食事会をしていたときに、ケガちゃんの「パパは昔プロ野球の有名選手だったんだ」というお子さんについていたウソが、メンバーの発言でバレてしまい、お子さんが大号泣したという事件、しかも場所が、天吉だったという(笑)
そんなこんなで、今でも佳ちゃんに「毛ガニはウソばかりついているから腰が痛くなる」と言われる始末であるが、そんな毛ガニさんのライブでのMCが密かに好きです。
ター坊(大森隆志)のMC「イェーイ・・・」は名物になっていましたが、ケガちゃんのMCは、何を言っても佳ちゃんにいじられ、今時としては、熱く、クサいと言われてしまうかも。でも、実は心に響くいい事を言ってくれてるんです。
昨年あたりから、友達のミュージシャンのライブにゲスト出演したりと、腰痛は順調に回復しているようですが、今度サザンが活動再開するときは、レコーディングからライブまで乗りきってほしいです。
また、熱いプレイを、そして熱いMCを聞きたいです。

お孫さん誕生おめでとう!おじいさんになってもラテンのノリを忘れずに、熱いプレイを期待してます!


posted by 嘉門祐助 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

2.26 桑歌祭

kuwaロゴ

本日、2月26日、桑歌祭!(勝手に名付けて3年目)
そう、桑田佳祐さんの誕生日です。
おめでとうございます。

桑田さんの誕生日は私たちSAS FAMILYにとっても特別な日かもしれません。何せ、この日がなかったら、桑田さんに出会えなかったんですから。

レコーディング楽しんで下さい、アルバム楽しみに待ってますよ。
ラベル:桑田佳祐
posted by 嘉門祐助 at 00:03| Comment(5) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

鑑定しやがれ!?

鑑定しやがれ!!

この前の日曜、ギターのケーブルをしまう場所を確保しようと、いろいろとほじくってたら、写真のお宝(?)が。
アルバム「Southern All Stars」初回盤、SAS特製オリジナルリストウォッチ付。聴けるようにCDだけ出してあって、パッケージはしまってあったブツです。
「すいか」の缶、「Happy」の箱、“大感謝祭DVD”のカルタと化粧箱とかもしまってあるんで、物忘れが多くなった今日このごろ、メモしてちゃんと覚えとかなきゃな(笑)

その時一緒に、マコっちゃん(斎藤誠)のCDも引っ張り出しました。
バラードベスト

今 僕を泣かせて

この曲「夜遊び」(桑田佳祐のやさしい夜遊び)でかかって、ちょうど聴きたかったんだよ。
この曲、コーラスとソロのスライドギターは、佳ちゃんです。

マコっちゃんのボーカルって人柄が出てるっていうか、やさしいんだよな。

さぁ、明日は“音寅イベント in 武道館”の発表日、みなさん当たったら教えてよ!決して襲ったりしないからさ(笑)
posted by 嘉門祐助 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

世界遺産ならぬ音楽遺産!?

Abbey Road

『とりあえず一安心(?)ですが・・・』
アビイ・ロード・スタジオ、EMIが所有権保持の意向(2月22日12時18分配信 ロイター)
[ロンドン] 英音楽大手EMIは21日、ビートルズのアルバム名で知られる「アビイ・ロード・スタジオ」について、再生方法について第3者と予備的な協議をしているとしたうえで、所有権はEMIが今後も保持したいとの考えを示した。
EMIは、2009年11月から同スタジオの再建策を協議する話し合いが進められているとしたが、3000万ポンド(約42億6000万円)での買収提案は拒否したとしている。
また、歴史的建造物の保護を目的とする「イングリッシュ・ヘリテッジ」が、同スタジオを保護リストに追加する計画だとの報道については、開発業者がスタジオを大きく変えることを難しくできるため歓迎すると述べた。
同スタジオの売却計画が先週明らかになって以降、元ビートルズのポール・マッカートニーさんがスタジオを保存すべきだと話しており、英作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバーさんも購入に興味を示していた。

何だか、マネーゲームのニオイがプンプンして、イヤだな。
ラベル:Abbey Road THE BEATLES
posted by 嘉門祐助 at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

訃報

ター坊こと大森隆志さんのご尊父 勇さんが2月14日、永眠されたそうです。享年86歳。
ご冥福をお祈りします。
大森さんは、初七日法要を終え、横浜に帰って来ているそうです。
月並みではありますが、大森さんには落ち着いたらまた頑張ってほしいです。

あくまでも推測ですが、心優しい桑田さんですからこの事もあって、今日の「夜遊び」(桑田佳祐のやさしい夜遊び)のお題を変更したのかもしれませんね・・・
ラベル:大森隆志
posted by 嘉門祐助 at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

愛なき世界 悲しき願い・・・

ゼロワン君

現在レコーディング中の佳ちゃんですが、そのアルバム待ちの間、いろいろ見直そうとしている嘉門でございます。

この間は「TSUNAMI」を見直しましたが、今日はこの曲。

「01MESSENGER〜電子狂の詩」

ま、見直すと言っても仕分けでもありませんし、再確認です。
それにこの曲は元々好きな曲なんだけどね(笑)

アルバム「Sakura」のレコーディング中の97年にリリースされた曲で、レコーディング中でメディア露出が少なかったからか、あまり売上にはつながらなかったからか、意外とメジャーに取り上げられない曲でなのある。しかしカッコいいのだ。
“電子狂の詩”と言いながら、歪ませたギターサウンドが目立つのは、電子時代でもアナログや人が大切なんだということを歌っているのでしょうか?
“セオーノツアー”から

このツアーバージョンは、アレンジも凝ってますねぇ・・・っつか、最終日の東京ドームで見たんだけど・・・

便利な文明の利器を使いこなすはずの人間が、コンピュータやデータに振り回される、今の時代を予言したかのような詩である。
コピーもとれない機械オンチのわりに、佳ちゃん先見の明あり?(笑)
posted by 嘉門祐助 at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

らしさを取り戻そうとした場所

abbeyroad studio

『俺が行くまで壊さないでくれ!?』
アビイ・ロード・スタジオ売却へ=ビートルズゆかり(2月16日配信 時事通信)
ビートルズがレコーディングに活用し、数々の名曲を生んだ英ロンドンの「アビイ・ロード・スタジオ」が、親会社の音楽大手EMIグループにより売りに出されていることが分かった。16日付の同国紙フィナンシャル・タイムズが報じた。
EMIは販売不振で深刻な経営難に陥っており、数千万ポンド(1ポンド=約141円)に上るとみられる売却収入を、自社の運転資金に充てたい考えだ。
同紙によると、ビートルズは1962〜69年に約9割の曲を同スタジオで録音。ピンク・フロイドなどの著名アーティストも好んで利用した。ただ近年では、利用料が割安で技術的に優れた他国のスタジオとの競争にさらされており、EMIが高価な施設を保有する理由が薄れていたという。
スタジオの名称は通り名に由来し、スタジオ前の横断歩道では、ビートルズのアルバム「アビイ・ロード」のジャケット写真も撮影された。

abbeyroad

壊すとは言ってませんが、買い手がなければどうなるのか・・・
ムリとはわかっていても、ビートルズを辿るイギリスの旅、やはり思いはせます。
ジョン・レノンミュージアムといい、冷えきった世界経済と時のうつろいを感じ、不安を禁じ得ません。

こんな時代だからこそ、よい音楽が必要だと思いませんか?

っあ、johnmacさん誕生日おめでとうございます!

posted by 嘉門祐助 at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

バンクーバー五輪の裏で密かに・・・

受付画面

『エントリー完了!』

本日より、“サザンオールスターズ応援団presents「桑田佳祐の音楽寅さんDVD発売記念 〜 DVD未収録映像炎上! これぞ蔵出し“巨大上映会”@武道館 〜」supported by SPACE SHOWER TV 20th Anniversary” 抽選エントリー受付。

またまたあっけなかったなぁ。“大感謝祭”のときのようにサクサクととどこおりなく。
AAAとか、一般販売とかみたいに早いモン勝ちじゃないのと、おじさんみたいに慣れてきちゃうと業務的でイカンね!?

後は、松の実・・・いや、待つのみ。
posted by 嘉門祐助 at 15:10| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

とりとめのないLove Affair・・・

2月8日の到着物

“音寅イベント”の告知ハガキが来ました。まだ詳しく読んでないですが、エントリーが何か複雑そう?

さてさて話は変わって(早いな・・・)、ジャズ・シンガー金子晴美さんのアルバム「いとしのエリーをAmazonで買ったよ。
「いとしのエリー」が入っている広瀬香美さんのCDは以前聴いたが、全編サザンのカバーアルバムを買うのは、初めて(?)かな・・・

この金子さんのアルバム、以前から知ってはいたけど、購入のキッカケは、友達のjohnmacさんと、サザンの「JUST A LITTLE BIT」の話になって、『確かオールナイトニッポンのCM前後にカバーが流れてたよな』と。

「JUST A LITTLE BIT」は、元々ジャズっぽさもある曲だが、ジャズバージョンをしっかりと聴くのは初めてなので楽しみだ。もちろん他の曲もだけど。
アレンジは、サザンの初期にホーンセクションのアレンジ等で参加された八木正生さん(故人)。サザンの歌詞にも登場する、佳ちゃんもアレンジを参考にしたという伝説のジャズマンだ。

今週の移動中のウォークマンは、コレが中心になりそうだな。
こちらはオリジナル

ドラマ「季節はずれの海岸物語」でもかかってましたね。
まさに“SAS AOR”、エレクトリックピアノの音、アレンジ、テンポ、音の構成がなんとなく冬っぽく聴こえます。

82年の「NUDE MAN」収録、佳ちゃんは当時26歳。
こんな大人の曲を今の20代のアーティストが書けるだろうか?
まさに色々な曲を聴いて、それが染み込んでいる佳ちゃんの音心の賜物だと思う。

っあ、一緒に「桑田佳祐の音楽寅さん〜MUSIC TIGER〜 あいなめBOX」も予約しました。
posted by 嘉門祐助 at 19:43| Comment(5) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

両方イキます

日本武道館

『これは、イクでしょう!』
桑田佳祐 音楽寅さんDVD発売記念、秘蔵映像蔵出し大上映会開催決定!
3月31日(金)に発売される「音楽寅さん」DVDの発売を記念して、日本武道館にて、大イベントが決定しました!
サザンオールスターズ応援団presents
「桑田佳祐の音楽寅さんDVD発売記念 
〜 DVD未収録映像炎上! これぞ蔵出し“巨大上映会” @武道館 〜」

supported by SPACE SHOWER TV 20th Anniversary
このイベントは、ファンクラブを中心に約1万人のファンの皆様をご招待し、洋楽曲など主に権利関係で今回のDVD化にあたり残念ながら収録出来なかった映像を中心に、2000年〜2009年放送の全音楽寅さんシリーズから、今回が見納めとなる“お蔵入り名シーン”の数々を公開します!
そして!このイベントには、何と桑田佳祐と、番組のパートナーであるユースケ・サンタマリアも登場!!
ただの上映会ではなく、伝説の一夜になる事間違いなし!!

日時:3月13日(土) 16:30開場 18:00開演
会場:日本武道館
主催:サザンオールスターズ応援団/スペースシャワーTV
企画・制作:アミューズ/フジテレビ
運営:ソーゴー東京
協力:キョードー横浜/スピードスターレコーズ
問い合わせ:SOGO東京

歌舞伎町ライブ、古賀紅太ツアー横浜公演と当たっているので期待大!?
みなさん当選の暁には、大きなたまねぎの下で是非逢瀬しましょう!

と言いながら、片方では残念なニュースが・・・
ジョン・レノン・ミュージアム、次の旅へ(2月4日配信 BARKS)
2000年、さいたま市にオープンした「ジョン・レノン・ミュージアム」が2010年9月30日をもって閉館することが、さいたま市のミュージアムを運営する大成建設から発表された。
「ジョン・レノン・ミュージアム」は次の旅へ出発し新たな地に誕生する予定となり、その詳細はオノ・ヨーコから発表されるという。
オープンしてからちょうど10年の節目に、Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴのオフィシャルサイトにて、公式発表が掲載された。以下、オノ・ヨーコからのメッセージとなる。
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
ジョン・レノン・ミュージアムを愛してくださったみなさまへ

ジョン・レノンは世界中をめぐる運命を持っていました。彼の魂は動くことによって継続していたのです。動かないと死んでしまう。ジョンの精神が宿るミュージアムも動かないとミュージアムではなく、お墓になってしまう。ジョンにはお墓はないのです。彼が息を引き取ったとき、私は「ジョンの葬儀は行いません」と世界に向けて言いました。それは、ジョンの魂が永遠に生き続けることを知っていたからです。
ジョンの魂は、10年を節目にしてここからも離れて行きます。
次の旅を見つめながら… 。まず、5年と思っていたのが、みなさんのミュージアムへの愛によって10年になったのです。
このジョン・レノン・ミュージアムを愛してくださったみなさん、深く感謝しています。あなたがた一人ひとりの中にジョンのスピリットが受け継がれ、そのみなさんのスピリットが、世界の平和が実現していくための愛の力になることを信じています。みなさん、ありがとう!
2010年 立春
愛をこめて…
オノ・ヨーコ

存続に向けてつい先日電子署名をしたばかりだったので、展開が急な感じがします。
9月まで時間があるので、是非足を運びたいと思います。
posted by 嘉門祐助 at 23:45| Comment(6) | TrackBack(0) | MUSICIANSHIP〜Dear K.K. & SAS〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。