2009年11月29日

棚からひとつまみ!其の98

稲村ジェーン

さてさて、佳ちゃん(桑田佳祐)自身の作品にも映画音楽は多数。
昨年のAAAでも披露された「現代東京奇譚」「風の詩を聴かせて」「さよならベイビー」「栞のテーマ」「恋人も濡れる街角」などなど。
「夜遊び」(Otsuka UL・OS 桑田佳祐のやさしい夜遊び)では触れませんでしたが、みなさん忘れてないですよね?自ら監督を務めた映画「稲村ジェーン」
この映画からは、「真夏の果実」「希望の轍」など、今ではライブの定番になっている曲が生まれました。
しかし今日はコレ。せっかくのイベント、たまにはこういう隠れた名曲も演ってほしい。
大編成バンドでのアレンジも聴いてみたいですわ。

「稲村ジェーン」(Southern All Stars & All Stars)

90年 アルバム「稲村ジェーン」収録。
映画「稲村ジェーン」タイトルチューン。キメに流れるスペイン語歌唱のナンバー。
映画の中でも取り上げているように、ビートルズ時代以前、ラテンミュージック全盛の時代を意識した曲であろう。
どことなくジプシー・キングスを思わせる曲調。ロックやポップだけじゃない、作曲家桑田佳祐のフトコロの深さを感じる。
YouTube♪稲村ジェーン(Southern All Stars & All Stars)

A mi vida un dia llego
una ola desde el mar.
Y tambien trajo hasta mi
un anillo de coral.

Y asi fue que comenzo
esta historia sin final
de una ola que cambio
a mi vida de verdad.

Y empujo lo que hasta ayer
Eran pena y soledad
los dias que sufria de amor.
Y eran mis noches de dolor.
Y asi fue que nacio en mi
alma una nueva ilusion.

i por eso!

Vamos a cantar
si quieres conquistar
la felicidad,
muy duro hay que luchar.

Vamos que el amor
no tienes que esperar.
Cuando lleque a ti,
tu nunca tienes que dudar.

スペイン語なので歌詞が書きにくかった(苦笑)
このライブ映像ではエレキありきのアレンジですが、このアルバムって全体的にガットギターの音色がすごくいいんだよな。

映画の主題歌や挿入歌って、聴いているとその場面が頭に浮かんできていいですね。

あまり紹介できませんでしたが、AAAにちなんだ映画音楽特集は打ち止め。
そして、毎年のように言ってますが、このAAAライブがいつの日か“AIDS・HIV消滅記念ライブ”になるとことを祈っております。

いよいよ明日から始まりますが、参加する方は気をつけていってらっしゃいませ!楽しんで来てね!
そして『AAAの後はもちろん“アンデルセン”!?』(笑)

私も最終日、イキます!
posted by 嘉門祐助 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

棚からひとつまみ!其の97

シェリルのベスト

取り上げたい曲はまだまだたくさんあるのに時間が足りない映画音楽特集。
まるでセットリストに悩む佳ちゃんのようでもありますが・・・
今日は女性シンガーの曲。だけど、男でも歌える、男が歌ってもカッコいいロックナンバー。
でも、映画は見よう見ようと思っててまだ見てないんだな、コレが。

「Everyday Is A Winding Road」(Sheryl Crow)

96年 アルバム「Sheryl Crow」収録。
映画「エリン・ブロコビッチ」(00年)のエンディングテーマ。
シェリル・クロウは、エリック・クラプトンも認める実力派女性シンガー。無名時代にはマイケル・ジャクソンのツアーのコーラスを務めたこともある。
デビューは90年代だが、70〜80年代の香りが残っていておじさんも大好きなアーティストだ。
来年は、ジャクソン・ブラウンとのジョイントで来日公演を行うというから楽しみだ。

この曲は、映画だけでなく自動車のCMにも使用されて、日本でも有名に。
彼女のライブではクライマックスによく演奏される、スピード感溢れるロックナンバー。
YouTube♪Everyday Is A Winding Road(Sheryl Crow)

I hitched a ride with a vending machine repair man
He says he's been down this road more than twice
He was high on intellectualism
I've never been there but the brochure looks nice
Jump in, let's go
Lay back, enjoy the show
Everybody gets high, everybody gets low,
These are the days when anything goes

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer to feeling fine

He's got a daughter he calls Easter
She was born on a Tuesday night
I'm just wondering why I feel so all alone
Why I'm a stranger in my own life
Jump in, let's go
Lay back, enjoy the show
Everybody gets high, everybody gets low
These are the days when anything goes

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer to feeling fine

I've been swimming in a sea of anarchy
I've been living on coffee and nicotine
I've been wondering if all the things I've seen
Were ever real, were ever really happening

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer

Everyday is a winding road
I get a little bit closer
Everyday is a faded sign
I get a little bit closer to feeling fine

Everyday is a winding road...

ギターもうまいんだよねぇ。あい変らずギター抱えた女性フェチです(笑)

エリン・ブロコビッチ(Erin Brockovich)は実在の人物。正式な法律教育を受けていないにも関わらず、1993年にカリフォルニア州の某大手企業を相手取って訴訟を起こし、史上最高額の和解金(3億ドル)を勝ち取った女性である。
大きな“敵”と闘う強き女性を演じた主演のジュリア・ロバーツがアカデミー主演女優賞を受賞した。また、ブロコビッチ本人も出演している。

AIDS撲滅の道も長く険しいWinding Roadか?
posted by 嘉門祐助 at 00:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

棚からひとつまみ!其の96

ケヴィン・ベーコン

さぁ、AAAまであとわずか。ようやくメンバー全員がそろって、リハは大詰めかと思いますが、イケるトコまでイキますよ!?
どうやらこの前の「夜遊び(桑田佳祐のやさしい夜遊び)」の感じでは、原さんとのデュエット曲は決まったようですが、できればコレも歌ってほしいなと・・・

「Almost Paradise...Love Theme from FOOTLOOSE」(Mike Reno & Ann Wilson)

84年 アルバム「FOOTLOOSE」O.S.T.収録。
放題:「パラダイス〜愛のテーマ」
ケヴィン・ベーコン主演の80年代の名作ダンス映画「フットルース」のラブテーマとしてエリック・カルメンが提供した作品。ケニー・ロギンスが歌うメインテーマのインパクトが強く、隠れているようだが、デュエットの名曲だ。
LOVERBOYのマイク・レノHEARTのアン・ウイルソンが叙情的に歌うバラードで、映画の中では感動的なクライマックスを飾っている。
このサントラは名曲、人気曲が多く、この曲はなんと5曲目のシングルカット。
YouTube♪Almost Paradise[Love Theme from FOOTLOOSE](Mike Reno & Ann Wilson)

I thought that dreams belonged to other men
'Cause each time I got close, they'd fall apart again
I feared my heart would beat in secrecy
I faced the nights alone, oh how could I have known?
That all my life I only needed you

Woah, almost paradise
We're knocking on heaven's door
Almost paradise
How could we ask for more?
I swear that I could see forever in your eyes,
Paradise

It seems that perfect love's so hard to find
I'd almost given up, you must have read my mind
And all these dreams I save for a rainy day
They're finally coming true, I'll share them all with you
'Cause now we hold the future in our hands

woah, almost paradise
We're knocking on heaven's door
Almost paradise
How could we ask for more?
I swear that I could see forever in your eyes,
Paradise

And in your arms salvation's not so far away
It's getting closer, closer every day

Almost paradise
We're knocking on heaven's door
Almost paradise
How could we ask for more?
I swear that I could see forever in your eyes,
Paradise
Paradise
Paradise...

関係ないけど、当時、小森のおばちゃまが『ケヴィン・ベーコンちゃんがね・・・』とちゃん付けで呼んでました。

この映画、劇場では見てないんだけど、CSとかで放送するとついつい見てしまいます。
“テレ東”の平日14時台とかによく放送してましたが、カット部分が多くて多くて・・・
日本ではTBSのドラマ“金妻”「金曜日の妻たちへU〜男たちよ元気かい」の主題歌となりヒットしています。

昔、友達のアヤパンとよくカラオケで歌ったなぁ・・・
posted by 嘉門祐助 at 00:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

棚からひとつまみ!其の95

春巻丼

こんばんは。TVに、照明、加湿器、空気清浄機、想定外の出費に内閣官房機密費が欲しい嘉門です。

さぁ、前回につづき、AAAにちなんでの映画音楽特集です。1回で終わるかと思ったけど・・・
今日は、壮大な映画同様、スケールの大きな曲。
ロック殿堂入りアーティストでもあるアメリカンハードロックバンドが奏でる極上のバラード。
コレは、佳ちゃん歌わないだろうな・・・

映画「アルマゲドン」主題歌。
「I Don't Want To Miss A Thing」(Aerosmith)

98年 アルバム「ARMAGEDDON」O.S.T.収録。
現在、スティーヴン・タイラー(Vo)の脱退騒動でもめていますが、70年代初期から活動をつづけるエアロスミス
80年代初期に低迷期に陥るが、85年のRUN D.M.C.とのコラボ「Walk This Way」で低迷脱出のキッカケをつかみ、80年代後半は曲を外注するなど苦労の末、見事復活。
90年代は「Crying」「Crazy」など順調にヒットを飛ばし再びスターダムへ。その集大成と呼ぶべき曲は、この大ヒット映画の主題歌だろう。
YouTube♪I Don't Want To Miss A Thing(Aerosmith)

I could stay awake just to hear you breathin'
Watch you smile while you are sleeping
While you're far away and dreaming
I could spend my life in this sweet surrender
I could stay lost in this moment forever
Cause every moment spent with you is a moment I treasure

Don't wanna close my eyes
I don't wanna fall asleep
Cause I'd miss you babe
And I don't wanna miss a thing
Cause even when I dream of you
The sweetest dream will never do
I'd still miss you babe
And I don't wanna miss a thing

Lying close to you feeling your heart beating
And I'm wondering what you're dreaming
Wonderin' if it's me you're seeing
Then I kiss your eyes
And thank God we're together
I just want to stay with you in this moment forever
Forever and ever

Don't wannna close my eyes
I don't wanna fall asleep
Cause I'd miss you babe
And I don't wanna miss a thing
Cause even when I dream of you
The sweetest dream will never do
I'd still miss you babe
And I don't wanna miss a thing

I don't wanna miss one smile
I don't wanna miss one kiss
I just wanna be with you
Right here with you, just like this
I just want to hold you close
Feel your heart so close to mine
And just stay here in this moment
For the rest of time Yeah yeah yeah

I don't wanna close my eyes
I don't wanna fall asleep
Cause I'd miss you babe
And I don't wanna miss a thing
Cause even when I dream of you
The sweetest dream will never do
I'd still miss you babe
And I don't wanna miss a thing

I Don't wanna close my eyes
I don't wanna fall asleep
Cause I'd miss you babe
And I don't wanna miss a thing
Cause even when I dream of you
the sweetest dream will never do
I'd still miss you babe
And I don't wanna miss a thing

Don't wanna close my eyes
I don't wanna fall asleep
And I don't wanna miss a thing

ご存知と思いますが、映画の主演女優リヴ・タイラーはスティーヴン・タイラーの実娘です。
この映画、映画館で見て気に入り、DVDでもたまに見ますが、毎回泣くところが決まってます。
言うまでもなくツボはとてもベタなところです。『やっぱり俺って平凡なんだなぁ』と思いますよ(笑)
でも俺は、もしベン・アフレックになれるとしてもジェニファー・ロペスとは付き合わないと思うよ。
posted by 嘉門祐助 at 21:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

棚からひとつまみ!其の94

greatest hits

『♪資本主義のイロハってヤツを教えていただける、銭ゲバ、銭ゲバ、銭ゲバ・・・』
こんばんは、“ドク、ボクの加湿器ブッ壊れちゃったよ”嘉門でございます。

さぁ、AAAまであとわずか。「夜遊び(桑田佳祐のやさしい夜遊び)」でもネタバレに近い曲をかけ始めましたね!?
ということで、やるやると言いながらできなかった映画音楽特集、“棚つま”でもやりますよ。(1回で終わるかも?)
まずは、この曲からいきますか!犬の名前はアインシュタインだ!

「The Power of Love」(Huey Lewis & The News)

86年 アルバム「FORE!」収録。
音楽評論家伊藤政則氏言うところの“ロック界の土橋監督” ヒューイ・ルイス率いるザ・ニュースは、華麗なキャリアと、現在も活動をつづけるバイタリティを持つ、80年代を代表するサンフランシスコはベイエリアのロックバンド。

私が大好きな映画(第一作限定ですが)「BACK TO THE FUTURE」(85年)のメインテーマ曲。というか、メインテーマになってしまった曲か?
この曲には裏話があって、依頼を受けたヒューイ・ルイスはこの映画のために「In The Nick Of Time」という曲を書き上げたが、マネージャーと弁護士の間の交渉が長引いたため他の映画に渡してしまったそうだ。
音楽監督はかなりガッカリしたそうだが、ヒューイは慌てず騒がず、実はすでに曲を書き始めていた。それがヒューイの自信作「Back In Time」、タイトルも映画のイメージにピッタリ。
しかし、主題歌用に書き上げたこの曲は、なぜかエンドロールのバックにまわされてしまい、結局シングルになったのは、この「The Power of Love」だった。
YouTube♪The Power of Love(Huey Lewis & The News)

The power of love is a curious thing
make a one man weep, make another man sing
Change a hawk to a little white dove
more than a feeling, that's the power of love

Tougher than diamonds, rich like cream
Stronger and harder than a bad girl's dream
make a bad one good make a wrong one right
power of love that keeps you home at night

You don't need money, don't take fame
Don't need a credit card to ride this train
It's strong and it's sudden and it's cruel sometimes
but it might just save your life
That's the power of love
That's the power of love

First time you feel it, it might make you sad
Next time you feel it it might make you mad
But you'll be glad baby when you've found
that's the power makes the world go'round

And it don't take money, don't take fame
don't need a credit card to ride this train
It's strong and it's sudden it can be cruel sometimes
but it might just save your life

They say that all in love is fair
yeah, but you don't care
But you know what to do
when it gets hold of you
and with a little help from above
you feel the power of love
you feel the power of love
Can you feel it ?
Hmmm

It don't take money and it don't take fame
don't need no credit card to ride this train
Tougher than diamonds and stronger than steel
you won't feel nothin' till you feel
you feel the power, just feel the power of love
That's the power, that's the power of love
You feel the power of love
you feel the power of love
feel the power of love

うーんデロリアン欲しかったなぁ・・・エンディングテーマになってしまった「Back In Time」もなかなかいい曲です。
ご存知だと思いますが、映画本編にもヒューイが出演しています。

いやぁ、映画音楽ってホントいいものですね。ではみなさん、またお会いしましょう。
posted by 嘉門祐助 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

棚からひとつまみ!其の93

AIR SUPPLY

今日は、去り行く夏を惜しんで(?)久々に“棚つま”を!?
って、先週の「夜遊び」(桑田佳祐のやさしい夜遊び)で、“棚つか”やったからだよ(笑)

「Even The Nights Are Better」(Air Supply)

82年 アルバム「Now And Forever」収録。
邦題:「さよならロンリー・ラブ」
エア・サプライはラッセル・ヒッチコックグラハム・ラッセルを中心としたイギリス人とオーストラリア人の混成ポップグループ。
76年からオーストラリアで活動、80年の「Lost In Love」が全米でヒットし人気が定着。
ラッセル・ヒッチコックのハイトーンボイスによるバラードやドラマティックで清涼感のある曲調は、オージーポップではなくAOR。
日本では80年代のAORブームに乗り、女性中心に人気になった。
シーサイドミュージックとしても人気があったように、この曲も夕暮れの海のようなせつなさが漂うバラード。ストリングスのアレンジが叙情的である。
イントロがクリストファー・クロス「Arthur's Theme(Best That You Can Do)」(ニューヨーク・シティ・セレナーデ)にちょっと似てるかな?
YouTube♪Even The Nights Are Better(Air Supply)

I, I was the lonely one
Wondering what went wrong
Why love had gone
And left me lonely

I, I was so confused
Feeling like I'd just been used
Then you came to me
And my loneliness left me

I used to think I was tied to a heartache
That was the heartbreak
But now that I've found you

Even the nights are better
Now that we're here together
Even the nights are better
Since I found you
Even the days are brighter
When someone you love's beside you
Even the nights are better
Since I found you

You, you knew just what to do
’Cause you had been lonely too
And you showed me how
To ease the pain

And you did more
Than mend a broken heart
’Cause now you've made a fire start
And I, I can see that you feel
The same way

I never dreamed there'd be someone to hold me
Until you told me
And now that I've found you

Even the nights are better
Now that we're here together
Even the nights are better
Since I found you
Even the days are brighter
When someone you love's beside you
Even the nights are better
Since I found you

I never dreamed there'd be someone to hold me
Until you told me
And now that I've found you

Even the nights are better
Now that we're here together
Even the nights are better
Since I found you
Even the days are brighter
When someone you love's beside you
Even the nights are better
Since I found you...

私が初めて聴いたのは、高校2年の頃、LFの「ヤングパラダイス」だったと思います。

「夜遊び」の“棚つか”では、「Lost In Love」がかかり、佳ちゃんが『当時、これを聴いてると、コアな洋楽ファンから(子供っぽい、軟弱だと)バカにされた・・・』というようなことを言っていましたが、実は、私も聴いてました(苦笑)

普段ロック聴いてても、実は裏でけっこうこういうさわやかな感じの音楽が好きだったりするんですよ。
佳ちゃんも聴いててくれてよかったよ(笑)
posted by 嘉門祐助 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

棚からひとつまみ!其の92

whitney

今日はあるところで見たうれしいニュースにちなんでつまんでみましょう。先週の「夜遊び」(桑田佳祐のやさしい夜遊び)でもかかりましたが、私の友達アヤ●ンの得意な曲を・・・

「Saving All My Love For You」(Whitney Houston)

85年 アルバム「WHITNEY」収録。
邦題:「すべてをあなたに」
母親はゴスペル歌手のシシー・ヒューストン、叔母はディオンヌ・ワーウィックという環境に生まれ、10歳からトップモデルとして活躍、21歳にしてトップシンガーとなったスーパースター。

この曲は、ダイアナ・ロスジョージ・ベンソンを手がけたマイケル・マッサーのプロデュース。70年代っぽさもある味のあるバラード。
歌詞からもわかるように不倫を歌った歌だが、ホイットニーの表現力、歌唱力なのか、説得力あるボーカルは、忍び会うただならぬ背景を消し去り、ピュアなラブソングに聴こえてしまう。
1985年、時に日本は“金妻ブーム”・・・関係ないか?
YouTube♪Saving All My Love For You(Whitney Houston)

A few stolen moments is all that we share
You've got your family, and they need you there
Though I've tried to resist, being last on your list
But no other man's gonna do
So I'm saving all my love for you

It's not very easy, living all alone
My friends try and tell me, find a man of my own
But each time I try, I just break down and cry
Cause I'd rather be home feeling blue
So I'm saving all my love for you

You used to tell me we'd run away together
Love gives you the right to be free
You said be patient, just wait a little longer
But that's just an old fantasy

I've got to get ready, just a few minutes more
Gonna get that old feeling when you walk through that door
Cause tonight is the night, for feeling alright
We'll be making love the whole night through
So I'm saving all my love
Yes I'm saving all my love
Yes I'm saving all my love for you

No other woman, is gonna love you more
Cause tonight is the night, that I'm feeling alright
We'll be making love the whole night through
So I'm saving all my love
Yeah I'm saving all my lovin
Yes I'm saving all my love for you
For you, for you

ディオンヌとは歳の離れたいとこだという話もあります。

元夫ボビー・ブラウンの素行不良、DV、離婚などのストレスから薬物中毒に陥ったが、更正施設のプログラムを修了、今年2月のグラミー賞の前夜祭に出演、復活アルバムの発売も決まったとか。
これだけの実力を持っているのだから生まれ変わって頑張ってほしいものだよね。
posted by 嘉門祐助 at 14:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

棚からひとつまみ!其の91

BLONDIE BEST

30日放送の「夜遊び」(桑田佳祐のやさしい夜遊び)の80年代特集で、私のサザ友の松浦よややクンとふ〜さんの投稿が読まれました。
よややクンのリクエスト「め組のひと」(RATS & STAR)はかかりましたが、ふ〜さんのリクエストはかからなかったので、私がつまんじゃいます。

「Call Me」(Blondie)

80年 アルバム「AMERICAN GIGOLO」O.S.T.収録。
リチャード・ギア主演、映画『アメリカン・ジゴロ』の主題歌。
敏腕作曲家・プロデューサーであるジョルジオ・モロダーの作品。
当初はフリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスに歌わせようとしていたらしいが断られ、ブロンディのデボラ・ハリーに白羽の矢が立ったといういわくつき。
依頼を受けたデボラが映画を見て詩を書き、すでに録音してあったカラオケにボーカルを入れ、わずか2時間でレコーディングが終了したという曲。
そんなこともあって、ブロンディのオリジナルアルバムには収録されていない。
YouTube♪Call Me(Blondie)

Color me your color, baby
Color me your car
Color me your color, darling
I know who you are
Come up off your color chart
I know where you're coming from
Call me on the line
Call me, call me any anytime
Call me, my love, you can call me any day or night
Call me!

Cover me with kisses, baby
Cover me with love
Roll me in designer sheets
I'll never get enough
Emotions come, I don't know why
Cover up love's alibi
Call me on the line
Call me, call me any anytime
Call me oh my love
When you're ready we can share the wine
Call me

Ooh, he speaks the languages of love
Ooh, amore, chiamami (chiamami)
Oo, appelle-moi, mon cherie (appelle-moi)
Anytime, anyplace, anywhere, anyway!
Anytime, anyplace, anywhere, any day, anyway!

Call me my love
Call me, call me any anytime
Call me for a ride
Call me, call me for some overtime
Call me my love
Call me, call me in a sweet design
Call me, call me for your lover's lover's alibi
Call me on the line
Call me, call me any anytime
Call me
Oh, call me, ooh ooh ah
Call me my love
Call me, call me any anytime

80年の4月にビルボードチャートの1獲得、70年代生まれの曲がチャートに残っていた頃なので、純粋な80年代生まれの曲としては80年代最初の1位獲得曲かもしれない。
デボラのセクシーなボーカルに対して、スティーヴィー・ニックスはハスキーボイス。もし歌っていたら曲の印象も変わってしまったんだろうなぁ。
posted by 嘉門祐助 at 00:05| Comment(7) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

棚からひとつまみ!其の90

マーイケルッ!?

最後のロンドン公演の延期が決まったマイケル・ジャクソン。何やらステージが大掛かりになりそうでリハ等が間に合わないとか。
そんなワケでつまんじゃいます。

「Man In The Mirror」(Michael Jackson)

87年 アルバム「BAD」収録。
『世界を変えたいなら、まずは鏡の中の男(自分)から変えてみよう』と訴えかける人間ひとりひとりのつながりを歌ったメッセージソング。
タイトルチューン「Bad」や「The Way You Make Me Feel」などに隠れアルバムの中では一見地味な(?)存在だが、スケールが大きく、ゴスペル調のコーラスも加わり南部の泥臭さもあるという一風変わった曲だ。
ビートの効いたダンスチューンやパフォーマンスが注目されがちだが、彼が作るやさしいバラードは絶品である。
YouTube♪Man In The Mirror(Michael Jackson)

I'm Gonna Make A Change,
For Once In My Life
It's Gonna Feel Real Good,
Gonna Make A Difference
Gonna Make It Right...

As I, Turn Up The Collar On My
Favourite Winter Coat
This Wind Is Blowin' My Mind
I See The Kids In The Street,
Without Enough To Eat
Who Am I, To Be Blind?
Pretending Not To See
Their Needs
A Summer's Disregard,
A Broken Bottle Top
And A One Man's Soul
They Follow Each Other On
The Wind Ya' Know
'Cause They Got Nowhere To Go
That's Why Now I Want You To Know

I'm Starting With The Man In The Mirror
I'm Asking Him To Change His Ways
And No Message Could Have
Been Any Clearer
If You Wanna Make The World
A Better Place
(If You Wanna Make The
World A Better Place)
Take A Look At Yourself, And
Then Make A Change
(Take A Look At Yourself, And
Then Make A Change)
(Na Na Na, Na Na Na, Na Na, Na Nah)

I've Been A Victim Of A Selfish
Kind Of Love
It's Time That I Realize
That There Are Some With No
Home, Not A Nickel To Loan
Could It Be Really Me,
Pretending That They're Not Alone?

A Willow Deeply Scarred,
Somebody's Broken Heart
And A Washed-Out Dream
(Washed-Out Dream)
They Follow The Pattern Of
The Wind, Ya' See
Cause They Got No Place To Be
That's Why I'm Starting With Me
(Starting With Me!)

I'm Starting With The Man In The Mirror
(Ooh!)
I'm Asking Him To Change His Ways
(Ooh!)
And No Message Could Have
Been Any Clearer
If You Wanna Make The World
A Better Place
(If You Wanna Make The
World A Better Place)
Take A Look At Yourself And
Then Make A Change
(Take A Look At Yourself And
Then Make A Change)

I'm Starting With The Man In
The Mirror
(Ooh!)
I'm Asking Him To Change His Ways
(Change His Ways-Ooh!)
And No Message Could've
Been Any Clearer
If You Wanna Make The World
A Better Place
(If You Wanna Make The
World A Better Place)
Take A Look At Yourself And
Then Make That...
(Take A Look At Yourself And
Then Make That...)
Change!

I'm Starting With The Man In The Mirror,
(Man In The Mirror-Oh Yeah!)
I'm Asking Him To Change His Ways
(Better Change!)
No Message Could Have
Been Any Clearer
(If You Wanna Make The
World A Better Place)
(Take A Look At Yourself And
Then Make The Change)
(You Gotta Get It Right, While
You Got The Time)
('Cause When You Close Your Heart)
You Can't Close Your...Your Mind!
(Then You Close Your... Mind!)
That Man, That Man, That
Man, That Man
With That Man In The Mirror
(Man In The Mirror, Oh Yeah!)
That Man, That Man, That Man
I'm Asking Him To Change His Ways
(Better Change!)
You Know...That Man
No Message Could Have
Been Any Clearer
If You Wanna Make The World
A Better Place
(If You Wanna Make The
World A Better Place)
Take A Look At Yourself And
Then Make A Change
(Take A Look At Yourself And
Then Make A Change)
Hoo! Hoo! Hoo! Hoo! Hoo!
Na Na Na, Na Na Na, Na Na,
Na Nah
(Oh Yeah!)
Gonna Feel Real Good Now!
Yeah Yeah! Yeah Yeah!
Yeah Yeah!
Na Na Na, Na Na Na, Na Na,
Na Nah
(Ooooh...)
Oh No, No No...
I'm Gonna Make A Change
It's Gonna Feel Real Good!
Come On!
(Change...)
Just Lift Yourself
You Know
You've Got To Stop It.
Yourself!
(Yeah!-Make That Change!)
I've Got To Make That Change,
Today!
Hoo!
(Man In The Mirror)
You Got To
You Got To Not Let Yourself...
Brother...
Hoo!
(Yeah!-Make That Change!)
You Know-I've Got To Get
That Man, That Man...
(Man In The Mirror)
You've Got To
You've Got To Move! Come
On! Come On!
You Got To...
Stand Up! Stand Up!
Stand Up!
(Yeah-Make That Change)
Stand Up And Lift
Yourself, Now!
(Man In The Mirror)
Hoo! Hoo! Hoo!
Aaow!
(Yeah-Make That Change)
Gonna Make That Change...
Come On!
(Man In The Mirror)
You Know It!
You Know It!
You Know It!
You Know...
(Change...)
Make That Change

87年の日本公演(後楽園球場)、チケットが取れず行けませんでしたが、後で当時の知り合い(あるミュージシャンの奥様)にグチったら『行きたかったの?チケットあったのに』と軽く言われてショックでした(笑)

整形手術の話やお金の話はしょっちゅう、最近では皮膚ガンの噂が出たりと2000年代に入ってからはキワモノ扱いだが、80'sのスーパースターであることは間違いない。
いい加減にゴシップ話ではなく音楽で注目していただきたいものだ。
posted by 嘉門祐助 at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

棚からひとつまみ!其の89

小林克也監修

朝はちょっと肌寒い感じはありましたが、昨日はさわやかないい天気でした。
久々につまんでみましょう、晴れた空にピッタリのこの曲を。

「A Woman Needs Love(Just Like You Do)」(Ray Parker Jr. & Raydio)

81年 アルバム「A Woman Needs Love」収録。
夏の午後、海辺の風を感じるような心地よいテンポとクリアなサウンド。
レイ・パーカー Jr.は、あの「ゴーストバスターズ」で有名だが、実はセッションギタリストとしても有名、スティービー・ワンダーのバックバンドに在籍したこともあった。
クリアトーンのカッティングが売り物で、この曲のような甘くメロウな曲からリズムが効いたディスコサウンドまで幅広い領域を持っている。
YouTube♪A Woman Needs Love -Just Like You Do-(Ray Paker Jr. & Raydio)

A woman needs love just like you do
Don't kid yourself into thinking that she don't
She can fool around, just like you do
Unless you give all the loving she wants

Don't make the mistake of thinkin' oldfashioned
Times have changed from yesterday
And no longer will those old double-standards
Be accepted by the women of today
So when you thinking you're fooling her
She just might be fooling you
Remember if you can do it, she can too

Because A woman needs love just like you do
(Hey) Don't kid yourself into thinking that she don't
She can fool around, just like you do
Unless you give her all the loving she wants

When her eyes are begging for affection
Don't put her off, don't make her wait
Don't try to give her that worn-out excuse
About being tired and working late
I'll tell you, one day you'll come home
Early from work
Open up the door and get your feelings hurt

Because she needs it, yeah (just like you do)
A woman's got to have have it, just like you
And if you're smart (just like you do)
You better stop fooling around, hey hey
'Cause she will, too oh

Just like you do
Thinking that she don't
Just like you do
Now, and example to you
Is when the time poor Jack returned up the hill
Somebody else had been loving Jill

A woman needs love (just like you do)
Hey don't kid yourself into thinking that she don't
She can fool around (just like you do)
She will fool around, so you'd better take out some insurance and be sure she won't
Give her some love
That sweet, sweet love
She wants it, just like you
She can fool around, and she will fool around
With you or without you, just like you do
A woman needs love, just like you do...

レイ・パーカー単独のアルバムは持ってませんが、80'sコンピの中ではお気に入りの一曲です。
ソウル・R&Bのファンにはたまらない曲、佳ちゃんもAAA「栄光のDISCO & SOUL」で取り上げてました。
posted by 嘉門祐助 at 00:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 棚からひとつまみ!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。